バックナンバー

歯科の歯周病治療について

歯科で行う定期的な歯周病対策

  • トップ

歯科での歯周病治療の方法

多くの歯科では虫歯の治療はもちろん行っていますが、虫歯同様に多くの患者さんに行う治療が歯周病治療とケアになります。虫歯の場合には、痛みがある事で歯科に通院をして治療をする人が多いのですが、歯周病の場合にはかなり進行をしないと症状も出にくいことから、歯科に訪れた時には既に重症というケースも少なくはありません。一番大事な事は、自宅での日頃の歯磨きなどになりますが、いくらがんばって歯磨きをしていても、全ての歯垢や歯石が取れるわけではないので、虫歯や歯周病を極力防ぐには定期的な検診が必要になります。実際に歯周病にかかってしまった場合でも、定期的な通院を行っていれば、軽度の事が多くなるので、検査の後に歯の表面にある歯石を除去するだけになるので、痛みだけでなく費用面でも大きな負担になる事はありません。しかしながら、長い期間放置をしてしまうと中度から重度という症状になってしまう事もあるので、そのような場合には麻酔を用いて歯茎内の歯石の除去や歯の再生治療なども行う事もありますので、通院回数も多くなりますし、費用の面でも大きな負担になります。これらの事を踏まえて考えると、定期的な歯科への通院を行う事で多少の費用はかかる事になりますが、いつまでも健康な口腔内環境を保つ事で虫歯や歯周病のない生活がおくれる事が可能になるといえます。

↑PAGE TOP